オリジナルレシピ 食べるモノ

【くまもんトマト】一年中食べよう!大玉トマト

こんにちは!

当ブログ管理人のおがたなおこです。

 

本来は夏野菜のトマト。

ですが、今はとても便利な世の中なので、スーパーに行けば年中手に入れることができますね。ありがたい(^^♪

 

ところで、トマトの生産が一番多いのは、どこの県か知っていますか?

 

・・・・・・答えは、熊本県。そう、くまもんの大玉トマトでした。(タイトルにあったね)

箱の中には、なんと!くまもんのシールが!

熊本県公式観光サイト

JAグループ熊本公式サイト

 

今回のテーマ

~いっぱい煮込んで保存、使い方いろいろ~

 

トマトソースはいつもトマト缶を使っていたけど、今回は【万能!フレッシュトマトソース】を作りました。

大量消費にピッタリ!作り置きができるし、アレンジもできるので、参考にしてくださいね。

皮の湯むきもしない、トマト丸ごとひたすら煮込む。鍋に入れっぱなし(笑)

フレッシュトマトのソース

材料

  • 大玉トマト 5個
  • 大玉タマネギ 1個 320g
  • 塩、コショー、ドライニンニク、ドライバジル 各少々

作り方

  1. 大きい鍋にカットしたトマト、玉ネギ、ニンニク、バジルを入れて中火にかける。
  2. 煮だったら弱火にし、1/3量になるまで煮込み、塩、コショーで調味する。

大玉トマトと大玉タマネギを使うので大きい鍋じゃないと無理!

ってことで、ストウブのオーバル型26㎝で煮込みました。チェリーレッドがかわいいでしょっ!

材料を入れたときはこんな感じ。だいだい1/3くらいの量になるまで煮込みます。

1/3の量になりました!

保存とアレンジ編

  • 冷蔵、冷凍保存すると使いまわしOK!ミネストローネに、ポークソテーのソースにも。
  • 大量消費ができる。

冷蔵保存も冷凍保存もできますが、保存料や添加物を使っていないので、早めに食べきりましょう(^^♪

 

【ポークソテーソースに】

フレッシュトマトソースにバター、ケチャップ、塩・コショーしてお好みの味に。

【ミネストローネ風に】

コンソメスープやブイヨンスープにフレッシュトマトソース、ケチャップ、塩・コショーしてお好みの味に。

盛り付けのポイントは、白菜を縦に盛ること。切った断面が見えるようにすると立体感がでます。

 

そらの台所
最後までお読みいただきありがとうございました。次の記事もお楽しみに(^^♪

-オリジナルレシピ, 食べるモノ
-, , , , ,

© 2021 そらの台所ブログ Powered by AFFINGER5